So-net無料ブログ作成
検索選択

牛肉はどこの国のを買えばよい?悩ましい時に助けてくれたのは。。 [子育て]

こんにちは、甘党母です。

今日の夕ご飯は何にしようかなー。。。
365日考えております。

先日も精肉売り場で悩む。。
いつもおなじみの豚肉と鶏肉以外に、牛肉に手を出すか出さないか、
グラム価格が2倍だからなー、、、


[スポンサーリンク]





アメリカ産牛肉なら価格的にいける! と思っても、
ホルモン剤のことや、ちょっとくさいのがいただけない。。

そういったことにさらにアンテナはっていた私の母は、
国産牛肉の赤身を食べなさい」
とずっと言っていました。

豚も鶏も抗生物質だらけで、牛ももれずにそうなんでしょうが、
他の肉をさしおいて牛肉赤身おしおしでした。

最近のニュースなどみていると、
赤身には発がん性物質がどうのとか、

肉を焼いたり揚げるメニュー、特に糖類を焼いてこがす、あげる系は特にだめ、
フライドポテトなんて、冷やした芋をあげているわけで、
(冷やすことで糖に変化)
なんちゅう食べ物だ!なものらしい。

とりあえず、国産の牛肉はアメリカ産牛肉ほど臭いはしないので、
安くなっているときや、期限近くになって割引になっているときに購入しています。

とはいえ高いー。。。


[スポンサーリンク]






そんな我が家の牛肉事情ですが、

よくみるニュースサイトのとある連載記事を気づいたときに読んでいます。
東洋経済オンライン
山本 謙治 (農畜産物流通コンサルタント&農と食のジャーナリスト)さんの記事。

数回に渡って牛肉のことについて記事を書かれており、
肉のことなんてさっぱりな私も「ほー」となることが各国々の事情などおりまぜて
解説してくれています。

気になる方はどうぞ~ 東洋経済オンライン 山本謙治さんの記事

とりあえず、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、各国がそれぞれの事情で、
成長を促すホルモン(山本さんは肥育ホルモンとしてます)を牛に使っているが、

オーストラリアでは、肉牛輸出に力を入れている分、
輸出先の国の要望を聞いたうえで、それにあった肉を輸出している、そうな。

アメリカはやっぱり強い国ですので、自分上位の考え方。
EUの前身、ECとアメリカとの牛肉問題についても取り上げられています。

超効率的に肉を作ろうとする畜産は、とってもアメリカ的ですね〜

とりあえず、外食で出てくる肉は仕方ないけれど、
家の食卓にたまーに並ぶ牛肉は国産かOGビーフあたりを選ぼうかと思います。

とはいえ、赤身オンリーなイメージのOGビーフには
けっこうにせもの脂身が注入されて、いらないひと手間がかかっているものが多いです。
個人的には赤身だけで売ってくれたほうがいいんですがー!!

[スポンサーリンク]





そんな時おすすめなのが、
イオン、トップバリュブランドの牛肉!です。

なぜなら、「タスマニアビーフ」というブランド名の牛肉を置いているからです。
成長ホルモン剤、抗生物質、遺伝子組換え飼料を使用せず育てた牛さん。
それでいてお手頃価格、私が好きな赤身肉。

タスマニアってきくと、、
コアラの顔を大きくしたようなタスマニアデビルしか知識がない。。

Tasmanian devil head on

タスマニア というのは、オーストラリアの1州です。
右下のほうの大きい島。



ウィキペデアをみていると、、
アヘン剤ベースの鎮痛剤を世界供給量の半分をになっている、、、って
こんなところに、こんな産業!のびっくりです。

イオンでは1974年からタスマニアビーフの取り組みを始められているそうです。
ホルモン剤乱用の未来を見据えていたのかしら。。。

タスマニアビーフはブラックアンガス種という種類だそうで、
もともとはスコットランドにルーツある種類らしい。

何気にいっていたイオンでしたが、
そんな取り組みを40年くらい前からやっていることを初めてしりました。
巨大商業施設というイメージだったけれど、努力があったんだなあと。。

甘党母は、別にお肉がなくても生きていけるのですが
育ち盛りの子供たちには、できるだけ安全なお肉を選んであげたい!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
タグ:牛肉
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。